外壁洗浄

MENU

外壁洗浄の相場

外壁洗浄相場

住宅は、定期的にメンテナンスをする必要がありますが、その中でも大事になるのが外壁になります。外壁は、住宅が建築されたときからずっと雨風にさらされていますが、長期間雨風にさらされていると徐々に劣化してしまうものです。例えば、あめが降ることで雨水が外壁の隙間から入ってしまう傾向があります。日本は、一年を通して寒暖の差が激しいことから気温が原因でひび割れを起こしてしまう可能性もあるでしょう。

 

一戸建て住宅の場合には、南側は太陽があたるためコケなどが生える可能性はあまりありませんが、北側はあまり太陽が当たらないため、コケが生える可能性が高いです。そこで、定期的に外壁塗装をする必要があるでしょう。外壁塗装をする場合には、そのまま塗装をするのではなく一度外壁洗浄をする必要があるでしょう。外壁洗浄をする理由は、外壁塗装をする前にしておくことで、外壁の汚れを取ることができ、綺麗な仕上がりになるからです。汚れた状態で塗装をすると、塗料がうまく外壁に馴染まず耐用年数が短くなってしまい、外壁塗装をする意味が薄れてしまいます。

 

もう一つの理由は、外壁にあるひび割れや壊れを発見するためです。ひび割れは、外壁を汚れた状態の場合に発見することが出来ない可能性があります。もし、ひび割れを発見することが出来ない状態で外壁塗装をしてしまうと、すぐに劣化してしまうでしょう。そこで、一戸建て住宅の場合は1日かけて綺麗に外壁洗浄をします。外壁洗浄をする場合には、単にホースを利用して外壁を洗うわけではありません。自動車の洗浄をする場合に利用する洗浄機の3倍ぐらいの圧力があるものを利用するため、電気代がかかります。どれくらいの費用になるかといえば、相場はおよそ5万円ぐらいになります。業者によっては格安になっており安いイメージを受けるかもしれませんが、実際には別も部分の費用が相場よりも高くなっていることがありますので、比較することが大事です。

外壁洗浄の方法

外壁洗浄方法

外壁洗浄の方法として、高圧洗浄機を使って外壁の汚れを落とす方法があります。比較的どの外壁にも使用することが出来ます。強い水の力で汚れをはじき出す飛ばすので、汚れの種類を選ばずきれいに落とすことが可能です。しかしながら高圧洗浄機による外壁洗浄は洗浄機そのものを持っていなければならないので、人がその洗浄機を持って通れる幅も必要になってくるうえ、高圧洗浄機を使うには汚れの範囲が狭い場合もあります。そんなときには、スポンジを使って汚れを落としていきます。その方法としてまず柔らかめのスポンジを用意し、バケツに水をくんでその中にスポンジを入れて水を含ませて汚れている外壁を優しく擦っていきます。

 

この方法で楽に汚れを落とすことができます。高圧洗浄機を使う際の注意点として、汚れが飛び散らないように注意したり、日中の人があまりいない時間帯を選んで使用するようにします。使用するときには近所の一声かけておくと近所の家とのトラブルを回避することができます。また、外壁の汚れには換気扇近辺の油汚れ等など、水だけでは落ちない頑固な汚れもあります。そんな時には、中性洗剤を使用するようにします。その方法ですが、まずバケツにお湯を用意します。その中に中性洗剤を溶かします。それをスプレータイプの容器に入れ、汚れに直接吹き付けていきます。そしてスポンジを使って軽くたたくようにしながら汚れを落としていきます。

 

その後は、ホースなどを使って水で洗い流せば頑固な汚れをきれいに落とすことができます。以上は自分でできる外壁洗浄の方法ですが、時間と手間がかかるうえ、手の届かない部分は梯子を使用してもいいのですが危険が伴うので躊躇してしまうこともあり汚れがついていてもそのままになってしまうこともあります。そんな時には、専門の業者に依頼して洗浄してもらうこともできます。自分で洗浄するよりコストがかかってしまいますがその分安全で、そしてなにより安心して任せることができます。

外壁洗浄をDIY

外壁洗浄DIY

住宅のリフォームをそのつど専門の会社に依頼していてはかなりのコストがかかってしまいますが、DIYならば最低限の資材や道具を購入するだけで済むのでリーズナブルな金額に落ち着きます。もちろん上下水道や電気系統などの特殊な部分については、やはり専門の公的な資格をもった人が行うべきですので、同じリフォームとはいっても素人でも可能な部分とそうではない部分とを見極めることもたいせつです。

 

住宅の外壁の塗装などは、最近ではホームセンターでペンキを購入してDIYで済ませる人も増えてきており、実用的な目的もそうですが、会社を定年後のある種の趣味として楽しんでいるケースなども見られるところです。この場合に壁面に汚れなどがあった場合には、上からペンキを塗っても後ではがれてしまったり、不揃いになりやすいことに注意する必要があります。そこで事前に外壁洗浄をする工程をはさむことになりますが、この外壁洗浄もDIYでできる場合があります。

 

専門の会社に依頼した場合でも、この工程では機械を使って高圧の水を外壁に吹き付け、そのパワーで汚れなどを落とすのが一般的となっています。当然ですが、機械を購入するにはかなりのコストがかかりますので、レンタルで対応するという手段があります。すべての店舗で取り扱っているわけではないものの、都市部にある大きめのホームセンターなどでは、高圧洗浄機を時間または日数単位で貸し出していることがあります。そのほかにも個人ユーザー向けのレンタルショップでも、通信販売に近い形式でのレンタルを行っていることがあり、この場合はパソコンやスマートフォンからインターネット経由で申し込みをしておけば、指定された期日に自宅に配達されるしくみです。ただし外壁洗浄をDIYで行う場合には、汚水が跳ね返るためにゴーグル、長靴、レインウェアなどを装備することが必要です。またプロが行う仕事にはコツがあり、たとえばコーキングの目地などのデリケートな部分は水圧を変えるなど、プロと同様の配慮をすることも忘れないようにします。

家庭用高圧洗浄機ケルヒャーの効果

外壁洗浄効果

家庭用高圧洗浄機のケルヒャーは、コンパクト・静音なのに高性能という特徴があります。均一に噴射できるのでムラなく洗浄できますし、ボディをキズつけることなく汚れをピカピカにできます。水冷式モーターを導入した水冷式静音タイプは、周りを気にすることなく使用できるでしょう。家庭用高圧洗浄機といえばうるさいイメージがあるかもしれませんが、ケルヒャーは静音なので気楽に使用できると評判です。一般的に家庭用高圧洗浄機を使用する場合は水道が必須になってきますが、ケルヒャーなら自吸機能によってポリタンクがあれば使用できるので便利です。洗剤を使用できるのでクルマの洗車に効果的で、気軽にワックス洗車をすることができます。ガソリンスタンドで洗車をすると500円以上になることが少なくありませんが、家庭用高圧洗浄機があればもっと低コストで頻繁に洗車ができるでしょう。自宅で洗浄できるので外出が面倒なときは洗車をして過ごすのもありです。

 

連続使用にも対応しており、1時間の使用も可能になっています。水道ホースを使用したと比較して節水効果も期待でき、使用する水量は3分の1〜4分の1程度に抑えることができます。水道代を節約しながら洗車ができるので、一度味わってしまうとスタンドに行けなくなるほどです。もちろん使用水量を抑えつつ洗浄力は発揮してくれますから、頑固なボディもピカピカにできるでしょう。水洗車だけだと汚れが落ちにくいので、洗剤を使用したほうが安心できます。

 

ケルヒャーはアフターサービスが充実しており、専門スタッフが対応してくれるので安心です。耐久性に優れた水冷式静音タイプには3年保証が設けられているので、快適に長期間の使用が可能でしょう。販売台数は7500万台にもなり、多くの方から愛されている家庭用高圧洗浄機です。ホースで水をかけて落ちない汚れでも、ケルヒャーなら効果的にピカピカにできます。頑固な汚れに対して使用すると、そのパワーを実感できるはずです。

外壁洗浄で落とせない汚れは外壁塗装!

外壁洗浄申込

外壁は雨風や強い日差しを凌いで、人々に快適な環境を生み出してくれている縁の下の力持ちのような存在です。外気にさらされている外壁はさまざまな要因で汚れてしまい、そのまま放置しておくと何十年も住み続ける大切な家の劣化が進んでしまう原因にもなるのです。外壁が汚れやすい場所は雨が当たらずに雨水で汚れが落ちない場所、湿気が多くて日差しが当たりにくい場所はカビ等が繁殖してしまいます。その他にもでこぼこしている外壁には空気中の汚れやちりなどが溜まってしまい汚れが酷くなります。このような汚れやすい場所は特に意識をして定期的に掃除をする事が大切になります。

 

軽い汚れはスポンジで水洗いすることでキレイに出来ますが、酷い汚れやこびりついたカビなどの外壁洗浄は、高圧洗浄の機械を使用して高圧の水流によってその汚れを洗い流します。ホームセンターなどで機械を購入して自分で洗浄することも可能ですが、難しい場所や汚れなどは業者に依頼して対応して貰う方が安心です。場所によっては水圧で破けたり破損の原因になる場合もあるのです。しかしながらもはや外壁洗浄ではその汚れを落とせない状況になっている場合もあります。外壁の塗料が劣化すると防水機能を失って粉所湯になってしまい、外壁を手で擦ることで手に白い粉がついてきます。このチョーキング現象が見られた場合は、洗浄では無く外壁塗装によって壁を塗り替えて外壁をキレイにするだけで無く、家の劣化を防ぐケアにもなります。

 

チョーキング現象をはじめカビが生えたりその影響で黒ずんでしまっている、目地を埋めているシーリング材にひび割れが見られたりした場合には外壁洗浄の域を超えているために外壁塗装のタイミングであるとも言えます。素人目ではその汚れがどの程度のものなのかは簡単には区別が付きません。洗浄しても汚れが落ちなかったり、チョーキング現象などが現われた時には一度業者に連絡をして確認して貰う方が安心です。外壁塗装によってキレイな外壁を取り戻すだけで無く、家の劣化を防ぐ効果も期待できるのです。